初心者こそFXをやってみよう

>

収益のあげかたを見てみる

利益を狙えるチャンスが多い

投資というものは、世の中が好景気でないとなかなか利益にならないと思われています。
株取引の場合は安い時に株を買い、好景気で株があがったときに株を売れば儲けになりますね。
不景気ではなかなか株価はあがらず、株を塩漬けにするしかなくなることが多いです。
投資はこういったイメージがありますが、FXは少し違ってきます。

FXは2国間の通貨の為替レートの変動によって収益を狙うものです。
そして、売りと買い、両方から入ることができます。
このため、景気が悪いとか不況の場合といった、下降トレンドのときでも利益をあげることができうるのです。

為替レートが下落すると思った場合は売りで入り、為替レートが上昇すると思った場合は買いで入り、儲けを狙うことが可能となっています。

スワップポイントで稼げる

FX取引では通貨を売ったり買ったりする以外にも、スワップポイントというもので利益を得ることができます。
スワップポイントとは、2国間の通貨交換の時に生じる金利差調整分のことです。
外貨を買い、持っているだけでも毎日スワップポイントがたまっていきます。
仕組みとしては、低金利の通貨を売って高金利の通貨を買ったときにその金利差分をスワップポイントとしてもらうことが可能です。
反対の場合はスワップポイントを支払うことになるので注意が必要です。

貯金でいうところの金利のようなものですが、今は銀行に預けていてもほとんど利息がつきません。
FXでのスワップポイントでは外貨預金をもしのぐ金利を受け取れる可能性があります。

FX会社によってポイントが変わってくるので、スワップ狙いの人は口座開設のときによく調べておきましょう。


この記事をシェアする